10-C.
顕微鏡撮影で自分だけのアートフォト ミクロの世界を体験(C)(キャンセル待ち)

ぶらり 遊びに行った海の砂や、お庭の草花に木陰の苔、大好きな果物など身の回りにあるものを顕微鏡で覗くと、見えなかった美しい世界が広がっています。
普段、使うことがない本格的な顕微鏡に触れながら、ミクロの世界を撮影しませんか?
肉眼では見ることができない美しい世界を切り取る、顕微鏡アートフォトで抽象的な作品表現の面白さを体験してください。

ぶらり
[主催者]みやま市地域おこし協力隊 松原正武
1975年大阪府生まれ。グラフィックデザイナー&フォトグラファーの仕事を続けながら、アートフォトと現代美術の分野で活動しています。
九州最大の現代アートの祭典、アートフェアアジア福岡2019に現代美術作品を出品。
現在みやま市地域おこし協力隊として活動中です。

詳細情報

開催日時 2019-12-22(日)15:00~ (受付14:30)
主催者 みやま市地域おこし協力隊 松原正武
集合場所 みやま市観光協会(P有)
住所 みやま市瀬高町大江2328(道の駅みやま内)
料金 1,000円(10歳以上※小学生は保護者同伴)
お土産 撮影した顕微鏡フォト3枚(フォトスタンド1枚付)
定員 各回1組(1組3名まで)
持参 顕微鏡で撮影したいもの(プレパラートにのせれる程度)
※最終のご案内は催行決定後、案内状を郵送します。
※行程表は目安であり、当日の交通状況や天候などで変更となる場合があります。

集合場所